7月 23

いればいるだけ違うのよ

私の子供は3歳と0歳なんだけど、最初の子供って何もわからないから育児書を読みまくっては不安を増長させてた私。
育児書より遅すぎるはえてこない歯や出てこない言葉。

お母さん話しかけてあげてねって、私は自他共に認めるお喋り女。
それこそ一日中話しかけてた。
だって、子供に話しかけなきゃ一日誰とも話が出来ない毎日だったし。

それなのに掴まり立ちから歩くのは早すぎた。
ハイハイをほとんどしなかった。
ハイハイしない子供は肩が弱くなるとか、転びやすいとか書いてあったしね。

余りに悩みすぎてハゲも出来た頃、親身になってくれた保健師さんに言われた一言で育児書は見なくなった。

「子供の成長はそれぞれよ」

2人目は育児書を見なかったから平穏。
ただ、成長具合は全然違うからこんなに違うもんなのねってびっくり。

一人目は4ヶ月で寝返り、二人目は8ヶ月。
一人目は11ヶ月で歯がはえたけど、二人目は9ヶ月。
一人目は9ヶ月で歩いたけど、二人目は10ヶ月も終わりだけどハイハイ。

それにハイハイもやり方が二人して違うの。

一人目は普通のハイハイなんだけど、段差があってもものともせずハイスピード。
二人目は膝を床につけないでハイハイするからちょっと不安定だし、遅いの。

同じお腹から産まれてるのにこんなに違うのは面白いね。
参考:ベジママ
URL:http://www.kalurghat.com/

6月 06

睡眠はしっかりと

どんなに高価で良い化粧品や、化粧水を使っても、寝不足だと肌もどんより。表情もたれ下がり、どんなに隠しても目元の疲れとクマ。
何よりも睡眠は大事だと考えます。寝不足なだけで顔も体も老けた1日を送ってしまいます。

良質な睡眠をとるために気をつけていることは、最低10分の入浴で内蔵まで温めること。入浴後すぐに眠らず、軽くストレッチなどをします。電気を暗めにして目を休め、スマホいじりなどはなるべくしないように。コップ一杯の常温の水を飲んで老廃物を出します。

布団の中に入り、部屋は真っ暗に。真っ暗にすることでメラトニンが分泌されて入眠しやすくなります。寝ている間も深い眠りにつけるので間接照明はつけません。

目をつむったら思考はゼロ。呼吸をして、呼吸に集中します。最低でも7時間は眠ります。
睡眠をしっかり取るだけで体も心も健康で、元気な1日を送ることができるので、基本だと思います。

翌朝すっきり。お肌も良好。疲れもひきづりません!

5月 23

水分を一日1リットルは取るように心がけています

普段の飲み物はお茶がメインです。
アルコールに弱いという事もありまして、飲み会に行っても大体ノンアルコールの炭酸ものを飲んでいるのですが、普段はジュースは口にしません。

自宅の冷蔵庫には煮出してあるウーロン茶がストックされています。
毎食の飲み物はこのウーロン茶です。油料理にはもたれることなくさっぱりと食事ができます。

そして職場には好きなお茶を入れて持っていきます。大体ほうじ茶と緑茶が多いですね。
500ミリリットルの水筒2本持っていくのでかばんがめちゃくちゃ重たいのですが、美容と同時に節約にもつながって一石二鳥です。

仕事はオフィスでPCの入力作業がメインなのですが、とても室内が乾燥しているので、こまめに水分補給をするようにしています。
仕事場でお土産もののスイーツなどもらったりして結構食べてしまうのですが、飲み物がノンカロリーなので口の中がさっぱりとします。

水分を1リットル取るようになってからお肌の調子がとてもいいし、お通じも便秘知らずです。

3月 27

豆乳グルグルヨーグルト+睡眠で肌つや美人

マイブームでもある美容法「豆乳グルグルヨーグルト」は1年ほど前から継続して取り入れている美容健康法です。
なんといっても、美味しい上に、毎日の簡単摂取でお肌のつやや化粧のりがぜんぜん違います。

もともとは、便秘気味で腸内を改善させようとはじめたのがきっかけでした。
朝食に豆乳グルグルヨーグルトをフルーツと一緒に取り入れるだけで、免疫力もアップ!
風邪を引かなくなったのに加え、気持ち程度ですが、顔のシミやたるみが減ったように思います。
さらに、髪の毛まで天使の輪が戻り、なぜか白髪が減りました。

作り方も簡単なのが、長続きの秘訣です。
無農薬の玄米&有機無調整豆乳をぐるぐるして、常温に置いておくだけ!
この豆乳グルグルヨーグルトの乳酸菌を摂取するだけで、肌つや美人になれるのです。
安心&簡単すぎます。

そしてもう一つ気をつけていることは睡眠です。なるべく早く布団に入ることを意識しています。
睡眠不足はお肌に悪かったり、貧血などの悪循環を及ぼしますからね。
豆乳グルグルヨーグルトと睡眠を意識した自分の体に優しい生活を心がけています。

1月 17

心も身体も緩めること

もう少し若い頃は、美容に使う金額も今よりず~っと多額でした。基礎化粧品には月々2~3万円かけるのが当たり前。でも、顔、そして肌はやっぱりとても大事な部分なので(もちろん身体もだけど)そこにお金をかけることは苦痛ではなかったんです。

でも、今は・・・、月々、2.000円くらい。どんだけ手抜いてんだ?!って感じがするかもしれないけど、ただ単にケチっているわけではなくて、今の私がベストだと思う方法がたまたまお手頃な方法だったというだけのこと。

それに加え、外から塗ったり、貼ったりする美容法よりももっと大切なことがあるってことを実感しているせいもある。
それは「日々の日常でカチカチに固まった心と身体をゆる~と緩めてあげること」。

私は今、お顔を扱う美容関係の仕事をしていますが、心身共に疲れ切ってる女性が施術を受け、心地良く緩まると、顔って本当に変わります。
肌ツヤはもちろん、表情も全然変わっちゃう。どれだけ日々のストレスが美容に悪影響があるのか、そのたびに実感しています。

自分を労わり、緩めてあげること。これが今の私の一番の美容法です。そうすると、外側からのケアの効果もより一層高まると思うのです。

12月 07

きつい脇のニオイ

私は夏だけでなく冬でも脇のニオイには気を付けています。なぜなら、寒くなると重ね着をすることでワキ汗ををかくようになるからです。脇のニオイはロールオンタイプのデオドラントを朝塗っておくことでだいぶ抑えることが出来ます。

ワキ汗が蒸れやすいこの時期は着る服によっても脇のニオイに気をつけなくてはなりません。最近はやりの裏ボア素材の服など、意外と蒸れやすかったりするので、危ないなと思ったらデオドラントでしっかり対策します。

デオドラントを怠ると、洋服によって蒸れた脇汗のにおいがとてもきついことが分かります。この臭いは洋服にもついてしまうので、羽織りものでもすぐに洗濯をしなければならなくなるなど、面倒なのでできるだけ服に臭いはつけたくないものです。

ワキ汗は一年中出るものなので、冬でもニオイ対策は万全にしなければなりません。汗は拭けばなんとかなりますが、ニオイは一度ついてしまうと1日中不快な気分になってしまうこともあるからです。

ワキガクリーム:クリアネオ
《参考URL》http://www.winplantsvszombies.net/

11月 06

保湿と紫外線対策

きれいな肌を保つために保湿や、紫外線対策をしっかり行っています。
化粧水はシミ予防、美白に効果があるビタミンCの配合されたもの、美容液にはセラミドなどの保湿力を高める成分が配合されているものを使用しています。
夏は暑いし、化粧水つけるのも面倒くさい!なんてつけないでおいたら余分な皮脂が分泌されて?吹き出物だらけになったことがあります。
保湿は本当に大事なんですね。

また、美顔器を使用してビタミンCが浸透しやすいようにイオン導入したり、超音波マッサージなどをおこなっています。
シミをこれ以上増やさないためにも紫外線対策も1年中必要です。
日焼け止め、帽子や日傘、アームカバー…特に夏は必需品です!

日焼け止めは、ちょっとした外出にはSPF30のもので紫外線吸収剤の入っていないものを使用しています。
肌に優しいので、敏感肌の人にはおすすめです。
SPF50のものやウォータープルーフのものは落ちにくかったりするので、肌に負担もかかりやすいです。

私は海や山など、1日外にいる場合以外は使用していません。
肌をきちんとお手入れして、いつまでも若々しい肌でいたいものです!

10月 17

洗顔に気をつけています

美容で気をつけていることはいろいろあるのですが、その中でも一番気をつけているのが毎日の洗顔です。朝と晩、これを必ずするのは結構大変だったりするのです。

朝寝坊してしまっときや呑んで帰ってきた時、今日は顔を洗わなくてもいいかな、、なんて一瞬悪魔がささやきます。ですがそこは心を鬼にして必ず洗顔するようにしています。ここ数年、インフルエンザで倒れていた時以外は毎日2回必ず顔を洗っていたと思います。

洗顔は美肌を保つ基本と言われていますが、本当にそうで、毎日顔を2回洗っている生活を続けていると、洗わない日にすごく顔が汚れるのを感じます。インフルエンザで倒れていたときは顔を洗えなかったのですが、その時は皮脂で顔がベッタリ、毛穴もいつもより開いていたように感じます。

毎日清潔にすることに慣れると、肌もそのように変化していくのだと思います。いろいろなスキンケア商品が出ていますが、効果の高い化粧品も清潔な肌につけなければ浸透力も変わってきます。スキンケアの基本、洗顔は必ずするようにしたいですね。

8月 04

かかとのひび割れと膝の黒ずみに気づいた衝撃

私が30代後半を迎えて、一番気を付けているのはかかとのひび割れと、膝の黒ずみです。
今まで身体の中から綺麗にと、朝からグリーンスムージを飲んだり、ビタミンCをとれるようにハイビスカスティーを愛飲したり、様々な美容を取り入れてきました。
日焼けも気にしていたし、スキンケアも美白成分から、酵素系、保湿といろんなことにこだわってきたのです。

今まではよく目に見えるところに気を配っていましたが、先日久しぶりにショートパンツをはいてみたら、膝が黒い!ということに気づいてしまいました。
子供を産んでからスカートやショート丈を履く機会が減っていたため、気づかなかったのです。
またサンダルを履くと、かかとのひび割れにも気づき…。

さっそくネットで調べると、膝やかかとは年齢とともに角質が固くなりと、毎日のケアが必要とのことでした。
その日から塩やスクラブでマッサージし、美白化粧水を塗り、ボディクリームで保湿をすると皮膚を柔らかくする努力が始まりました。

膝の黒ずみに一番効果的だったので、プレーンヨーグルトにココアパウダーをいれたもので、5分程度パックする方法でした。
しっとり具合と、ピーリング効果が期待できるようです。
目に見えるところはもちろん、年齢とともに色んなことに気をつけなければならないと感じるこの頃なのでした。

6月 14

水をのもう!

一年中、とにかく気をつけている事は十分なお水を摂取することです。
白湯(熱からず、冷たからずの温度のお水)が望ましいですが、室温でも良いですし、気持ちよいから夏場に冷やしたお水が飲みたい気持ちも判ります。
目安としては一日で2リットル以上飲むのが理想です。
それはジュースやお茶は含みません。

私の場合ですが、まず朝目覚めてから350ml程飲みます。
寝ている間に1リットル程の水分が汗などで失われているので、この起き抜けの水分摂取はとても大事だそうです。
その後は朝ご飯を食べながら、シャワーを浴びた後にも飲みます。

会社に出社する時にはタンブラーに白湯を入れて出勤します。
そうすると通勤途中に喉が渇いても手軽に、しかもペットボトルを買う事なく水を摂取する事が出来ます。
私の仕事場の場合、デスクではペットボトルやタンブラーからお茶程度の飲み物を飲むのはOKなので、一日かけて1リットル程飲みます。
タンブラーには450mlしか入らないので、あと2回程、会社にある給水機から汲ませて頂いてます。

とにかく一日かけてゆっくり、無理無く2リットル飲む事が大事です。
日中あまりとらないで、一日の帳尻を合わせようとして夜飲んでから寝るのは、夜中トイレに行きたくなって安眠を妨げますし、また翌朝起きたらむくみの原因にもなりますので、それは是が非でも避けて頂きたい事です。

古い記事へ «