«

»

7月 24

食べ物を売っているお店での服装とかニオイって致命的

いつものようによく買い物に行っているスーパーに体臭のひどい店員さんがいらっしゃいます。
そのスーパーに行くたびに顔を合わせるのですが、そのたびに体臭が気になってしまうのです。
たぶんほかのお客さんたちの中にも気になっている人っていると思うのです。

凄い臭いじゃなければ気になりませんが、結構な匂いでその場に居たくなくなります。
本人は分からないのかな?凄いニオイがするんだから分かると思うんですが…。

本人が知らなかったとしても上司が指摘するべきですよね。
お惣菜コーナーとか野菜コーナーにいると買い物する気にならなくなります。
先日お魚売り場でその人が働いていた時、生臭いニオイと体臭が合わさって異臭がしたことを覚えています。

従業員の容姿や香りの教育はちゃんとして欲しいと思いませんか?
工事現場など外で作業している人であればまだいいと思いますが、食べ物を売っているお店での服装とかニオイって致命的だと思います。
対策をしていてもニオイがなくならないような店員なら、裏で働く仕事に変更するとか対処してほしいですね。

わたくしはじぶんの脇のニオイがきつい方だと感じています。
わきがというほどではないですが、「耳垢が濡れていると大抵体臭が臭くなっているから気をつけなさい。」と小さい頃から母に言われていました。

確かに、いつもワキに付いた衣類のニオイはワキガと同じようなにおいがしていますし、ふとした時のわきの臭いに自分自身が不快になることもよくあるのでとても気を遣って毎日を送っています。
スティックタイプの制汗剤等色々な商品を使ってみて、いちばん効果的だったのは誰でも知っているメーカーでくちコミでも高評価の、クリームタイプのデオドラントです。

これはすごく役に立って、朝しっかり塗れば一日におうことはありません。
夏場などの汗が出やすいときは、状況に応じて塗るようにしていますが、その対策をすればOKです。

かえって、からだ拭きシートなどで拭き取ってしまうと効果が無くなってしまうので、使用するのはやめています。
汗を拭いてサラサラになりたい気持ちはありますが、そこでは臭わないようにすることを優先にどうにか過ごしています。

「体臭」それは、私にしてみれば心の傷です。
私には腋臭があります。自覚したのは高1の時です。

その時までは、汗をかいた時には皆がこうなるものだと考えていたし、自分の発汗量が多いだけだと思っていました。
だけど何げなしにパソコンで「ワキガ」という文字が出てきたのでリサーチしてみると、それが自分に当て嵌まっている事を知りました。
その後はあらゆる腋臭専用アイテムを使ってみたりしたので、その後に合った方にはおそらくワキガだと気づかれてはいないはずです。

しかし悪意を持たない雑談の中ででる「体臭がある人ってヤバいよね~」という会話とか「クサイよね?」という言葉を聞くと、自分の事ではなくても自分の事のように感じてしまい、友人だったとしても不信感を持ってしまい落ち着かない気持ちになっている自分に気付いたのです。

自分で何とかできる程度の体臭でしたら違うと思いますが、体質からくる体臭は、近くにいる人に迷惑をかけているのに加えて自身の性格も変えてしまうような恐ろしいものなのです。
最近は手術に踏み切ることも考えています。