«

»

1月 22

汗っかきなのに寒がりという体質で困っている

自分は汗っかきなのに寒がりです。夏の季節は周囲の人も汗を流している為、大量に汗をかいても目立ちません。誰かがそばにいても「すっごく暑いよね」で終わるのです。

ですが、冬は違います。周りは発汗していないのにひとりだけ発汗しています。
汗っかきなのに寒がりなので、冬の場合は重ね着しています。ですが、暖房が良くきいた室内や満員電車では大量に汗が出てきます。身体は洋服を着ている為分からないのですが、顔全体から出てくる汗はどうにもならないのです。

「熱でもあるの?」と周囲の人たちに心配されますが、そんな風に気づかわれると一層汗が出てきてしまいます。
おでこからでる汗、ほほを伝ってくる汗はどうする事も出来ないのです。対策としては冬の時期は薄手の服を何枚も着るようにしています。

でも、人ごみの中などでは上着を脱いだりするのは難しいです。汗をかいて電車から降りると外は寒く、温度差がある為調子が悪くなった事もあるのです。
多汗症の人が一番困る季節は、大量に汗をかく夏ではなく冬なんだと思っています。

汗の悩みに関する事でよくあるのが、発汗する量が多いことです。けれども、汗をかくのに相応しい時に汗をかかない事も、性質が悪いです。汗に関しては、デトックス効果もあり、カラダの温度を調節してくれるといった良い面もあるのです。

ですので、発汗する事をそこまでイヤがることはないと思います。適切な時には、汗をかかなくては逆に病気になってしまう事だってあります。ですので、正しく汗をかけるように身体の調子を整えるようにしないといけません。

一例をあげると、半身浴もいいです。それをするときに勘違いしやすいのは、むやみに高温の湯船にして、すぐにお湯から出てしまう事です。あまり熱いお湯に入るのは、カラダの為に良くありませんし、そんな半身浴の仕方では汗をしっかりとかくことが出来ません。

汗に関する悩みで、適切な汗がかけないという時、自律神経に問題があることが考えられます。ちょうどいい温度のお湯にしっかりと浸かって、自律神経の乱れを整えることで、ちゃんとした汗が出るようになります。

私の汗の困りごとはワキ汗をすぐにかいてしまうことです。春夏秋冬、ちょっと暑いと思ったらすぐにワキの下が汗ばんでしまいます。発汗すると不快になる為、着替えたいのですけど、いつでもできる訳ではないためそうした事にも悩みます。

夏という時期は高温多湿なので、汗をかいてそのままにしておくと、スグに変な臭いがしてしまうのです。汗が臭いというよりも、汗を吸収した衣類が臭いのです。幸い、私の仕事は客商売ではないため、きちんとした汗の対処はしていません。

ですが日々の生活で、どなたかと話をする時に、汗が臭うことが原因で不快感を与えないように勤めています。暑い夏は殆どの人が汗をかいているので、仕方がないと思います。

あたしは人よりもニオイを感じやすい為、自分の汗だけではなく、近くにいる人の汗の臭いも不快に思います。もしもニオイは無くても、汗でびっしょりの状態で買い物している人を見たら、少し嫌な気分がしてしまいます。
自分もそうならないように、ちゃんと汗対策をしていこうと思います。

チェック⇒顔汗用制汗剤のおすすめランキング