«

»

2月 19

潤いケアが必要だと思った事はありませんでしたが…

わたしは、オイリー肌なので、以前まで周りの人達のように、潤いケアが必要だと思った事はありませんでした。用法用量を守って、保湿ケアをすると、テカってしまうので、それがいやで「保湿」を避けていました。

けれど、オイリー肌であっても、潤いケアはある程度した方がいいかもなと考えなおして、すこし「保湿」するようにしました。湯上がりも全身皮フで覆われているのだからと、ボディにもうっすらと潤いケアを行ってみました。

また、暑い季節も最近まで「暑い時期は保湿をしない」のが当たり前だったのですが、夏場も少しばかりモイスチュアケアを施すようにしました。

そうしたところ、今までよりスキンコンディションが良くなってきた感じします。元々マメじゃないので、時々保湿を忘れてしまうこともありますが、なるべく保湿するように気をつけています。

顔面もカラダの素肌ももっちりと、すべりが良い感じになってきました。このまま、脂性肌でも、それなりにモイスチュアケアをやり続けていきたいです。

以前からカサカサ肌なのでお肌のお手入れは潤い補給を中心にしていますが年齢を重ねたり疲れがたまっていたりするとどんだけ入念にスキンケアを施しても肌の状態が悪く、改善しないことがあるのでちょっとでも肌に必要な成分を吸収させるためにフェイシャルオイルを使ったお肌のお手入れを実施しています。

テカテカしたり吹き出ものをもたらす印象がある「オイル」ですが保湿やお肌の内部まで基礎化粧品の成分を浸透させる効果に優れているので毎日美容液や乳液の代わりとしてではなく洗顔後にブースター美容液代わりに用いていますが、美容オイルを肌メンテに取り入れることで昔よりは素肌にしっとり感が出来てきました。

ドライスキンの治療は大変で、美肌術で普通肌に変えていくには限度がありますがきちんと肌を保湿したり手の込んだ肌メンテだけでは何ともならない時には毎日塗っている化粧水などだけではなくオイルなどを美肌術に付け加えて乾燥がエスカレートしないように、改善を目指すようにしています。

通常の美肌術をしてもスキンコンディションが悪いような時はお気に入りの美容オイルを利用した肌ケアやそれ以外にも色々と気を使って急いで肌の状態が回復するようにしています。